HOME > 合格体験記 > 現役合格体験記

現役合格体験記 無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2014年合格者[私立文系]
2014年 私立文系 前田 ひかりさん
前田 ひかりさん (区立九段中等教育)
  • 慶應義塾大学法学部
  • 中央大学法学部
  • 明治大学法学部
  • 法政大学法学部

「本物の受験生」になれる環境がある。55段階、クラス授業、担任制、自習室。四谷学院の全てを使いこなして、英語も国語も日本史も偏差値70台へ!

「55段階個別指導なら成績が上がる」と確信し、四谷学院に入学しました。55段階は、中学レベルの知識からもう一度確認できて、基礎を確立させるのに最適です。また、知識がしっかり固まるのと同時に先生の解説がとても丁寧で、「どうしてこの答えを選んだのか?」という根拠も毎回深く考えさせられます。特に読解系の問題を入試本番にフィーリングで解くのは許されないので、しっかり「考え抜くこと」を意識するようになった結果、英語も国語も模試で偏差値70台に到達しました。加えて55段階では、「たくさん解く→ 解説」のリズムを繰り返すうちに、自然と解くスピードも向上し、頭の回転も速くなります。また、日本史のような暗記科目は、何度も繰り返し触れることで知識も定着します。それまで私は、「日本史って苦手だな~」と思っていましたが、55段階で自然と学習する習慣もつき、その習慣によって知識も増え、こちらも模試で偏差値70に届きました。
またクラス授業では、どの先生も時に厳しく、時に優しく指導して下さり、心理的にも先生と生徒の距離が近かったです。質問にも気さくに応じていただいたことで、「この科目そんなに難しくないじゃん!」と思えるようになれたのはありがたかったです。
志望校選びや勉強方法は、担任の先生がいつも強力にサポートしてくれるので安心です。私もたくさん相談に乗ってもらいました。ただ学力を上げるだけでなく、受験戦略まで見通すことができたのは、担任制ならではです。
そして、自習室!朝から晩まで開いていて、静かに勉強できる四谷学院で一番お気に入りの場所でした。ここで授業の復習をしっかりやれば、必ず成績は伸びます。授業のテキストもとても分かりやすく、受験の最後までずっと使い続けました。私の宝物です。
私が「本物の受験生」になれたのは、これらの素晴らしい学習環境のおかげです。直前期も、勇気と自信をたくさんもらいました。四谷学院で頑張ってきて良かった!

 

△このページのトップへ